>

こんなに違う?物流とロジスティックのギモン

物流の今後や未来について

この記事をシェアする

人材不足がカギを握っている

時折メディアでも流れる物流業の人材不足ですが、かなり深刻な様です。ネットショッピングが一般的になりつつあり、日夜多くの方が注文をしています。それを届ける人材が少なく、遅延やトラブルの元になっています。
データによると10年前に比べると物流業に入ってくる人材は年々増えてはいるも、それよりも市場に流れる製品の方が多くなっているのが現状です。
この現場にロジスティックが入る事で、管理が楽になります。また古く効率的では無いサービスを廃止し、新しいサービスの導入に踏み込めるのも大きな強みです。
現場の状況はもちろんですが、根本のシステムや取り決めまで監視し効率化を図ってくれるので、経営戦略や改革にもぴったりです。

無人サービスが一般的に?

既に海外では自動運転による輸送を試みていて、数年後には人材不足が解消されるのでは無いかと言われています。
例えばロボットやドローンなどを使って配送してくれるので、これまでの様に多くの人材を必要としません。またこれらの機械を使うとGPSで常に場所を監視出来るので、万が一のトラブル時にも迅速に対応出来ます。もちろん配送済、遅延なども詳しく把握出来るのも大きなメリットです。
また災害などによって取り残されてしまった人達に物資を届ける場合にも、これらの機械は多く役立ちます。
機械とシステマチックなロジスティックはとても相性が良く、ロジスティックは新しい未来の可能性、私達が驚く様なサービスを与えてくれるのかも知れません。