>

こんなに違う?物流とロジスティックのギモン

ロジスティックを分かりやすく説明

この記事をシェアする

ロジスティックを分かりやすく公開

人によっては聞きなれないロジスティックというワードですが、物流に深く関係した物です。
物流がシステマチックに製品を運ぶ手段に対して、ロジスティックは物流の流れを管理して、より効率的に最適化する手段です。
製品やフローの監視はもちろんですが、無駄な在庫を出さない様に生産管理を徹底する、あるいは在庫管理の適正化をしているので、足りなくなる前に発注をかけてスムーズに物流が進む様にサポートしてくれます。
ロジスティックが導入される事によって、これまでよりも便利・円滑に物流が進む様になりました。これらを専門分野として扱う企業も多く、外部からのアウトソーシングで管理をしてもらうのが一般的です。専門分野なので、自社で行うよりも適格です。

どんな経営効果があるの?

ロジスティックが導入されれば、より迅速になる事は理解出来ましたが他にも多くのメリットがあります。
経営面としては物流コストの削減です。無駄な物流や在庫発注を減らせば少しずつですが、コスト削減に役立ちます。1つであれば問題はありませんが、何年も数多くのムダが発生するのは地球環境にも良くありません。常に物流の効率化を考えているロジスティックだから出来る事です。
続いてのメリットは業務専念出来るという事です。別の項目でも説明した様に、アウトソーシングでロジスティックを依頼するのがほとんどなので、空いた時間を業務に使えるので、各々がより精度の高い分野で力を発揮できる事になります。但しアウトソーシングに任せきりでは、自社の詳細な状況把握が難しくなるケースもあります。