物流とロジスティックの違いって何?

こんなに違う?物流とロジスティックのギモン

物流の仕組みと特徴

スーパーやデパート、専門店で物を買う。誰もがやっている事であり、且つこれをしなければ生活が成り立ちません。中には自給自足をしているという方もいますが、衣服や家具家電、更には住宅に関しては自分で作るのが難しいです。当たり前の生活を送る為には、何らかの手によって私達の元に物がある必要があり、それを輸送と呼びます。
輸送はいつから行われたのか確認が出来ないくらい原始的且つ、人が社会を営んでいく為に必要な事象です。通貨がまだ一般的で無いくらい大昔にも取引の手段として使われていましたし、輸送をしてくれる方は何らかの恩恵を受ける事も出来ました。そんな当たり前の行動であり、もはや特別でも何でもない事ですがとても重要です。
ちなみにこの輸送が発達し、仕事になったのが物流業です。日本で物流が盛んになったのは1950年頃で、戦後でした。この時の日本は慢性的な物不足で、今の様に交通機関も発達していないので配給のバランスがとても悪かったのです。道路も整備されていないところが多く、乱雑な作業の中物資を運んでいるので、スムーズとは言えませんでした。
それを出来る限りスムーズ且つ安全に運ぶ事に重きをいたのが物流の始まりです。やがて時代と共に輸送に便利な技術が発展し今に至ります。
そんな中でもまた新たなサービスが生まれています。ロジスティックと言い、直訳すると「物流」です。全く同じワードですが、これらはどの様な違いがあるのでしょうか?今回はロジスティックと物流の違いについて説明しています。

おすすめリンク

発送代行サービスが人気の理由

発送代行サービスが現代で人気の理由を徹底解明します。業者によってサービス内容が違うのも魅力です。